MAMA BLOGWEB Magazine

RIOママスタッフセレクト!おすすめ絵本

 

「沢山の絵本に触れてほしい!」

でも….いざ本屋さんに行くと絵本が沢山ありすぎて、どうやって選んだらいいのか分からない…

 

 

そんなママの絵本選びの参考になれば幸いです☆

 

 

 

今回オススメしたいのはこちら

 

 

 

<ノンタンのたんじょうび>

 

ノンタンのたんじょうび (ノンタンあそぼうよ⑨)

キヨノサチコ/作・絵

発行所/偕成社(かいせいしゃ)

 

 

 

大人気のノンタンシリーズからのご紹介です。

 

 

 

 

<POINT.1>

 

 

我が家ではこのシーンで一旦読むのを止めてクイズを出します。

 

 

 

「くまさんは何をしてるかな?」

 

「うさぎさんはどうしてビックリしているんだろう」

 

 

感情や表現力がより豊かになって欲しいという気持ちからこのクイズを出しています。

 

 

 

こどもも一生懸命言葉を選んでお話ししてくれるので、このクイズはとてもオススメです!

 

 

 

 

 

 

<POINT.2>

 

このシーンも子供の発想力や言葉を引き出すポイントがたくさん!

 

 

「眠っているノンタンはどこ?」

 

「このノンタンと同じ顔してみて」

 

「くちをあけたノンタンは何人いるかな?」

 

「ケーキにろうそくは何本ある?」

 

 

 

このクイズが大好評で「もっとクイズ出して!」と何度もせがまれます(笑)

 

 

<POINT.3>

最後に絵本を閉じた後、またクイズを出します。

 

「ノンタンどんな気持ちだっただろうね」

「じゃあクマさんはどんな気持ちだったと思う?」

「たぬきさん何持ってたっけ?」

 

物語や絵を思い出しながら考える力が身に付きます!

 

また、

「クッキーもらってあの後みんなでどうしたと思う?」

と聞くと、オリジナルの後日談を話してくれて面白いので、

こちらもオススメです(笑)

 

 

 

こちらの絵本は

最後のページにノンタンクッキーの作り方が載っているので

こどもの誕生日に作ってみました♪

 

 

 

「えほんのクッキーだ!」

と大喜びだったので作った甲斐がありました♡

 

 

 

 

読み聞かせはママやパパの声でお子さんに安心感を与え、

親子のコミュニケーションにもとても良いとされています。

 

 

その他にも

 

・想像力を育てることが出来る

・言葉の表現力を知り国語力がアップする

・習慣化することではじめは最後のページまで読めなかった子も

次第に最後まで夢中になって聞いてくれるようになり、集中力も身につく

 

 

と言われています。

 

 

 

読み聞かせを沢山して悪いことはきっと1つもない!

と思い、私は読み聞かせをしています(笑)

 

 

 

 

 

お子さまのお気に入りの絵本が見つかりますように

こちらで絵本のご紹介をさせていただきます☆